ジュニアリーダーになる

集団の中での「リーダー」という立場は、義務教育上ではなかなか体験することができません。

今は、”自分の意見を言えない・自主的な行動をとれない”という子どもが多いというのが現状になります。

小学生からの幼少期では、環境・身についた感覚は人格を形成する上で非常に重要な時期です。

 

この楽しむ活動を通して、ジュニアリーダー・シニアリーダーをすることにより

自主性や協調性、リーダーシップを持ち

「周りの人たちに対して何をしてあげられるか?」「どういうことをしていこうか?」

と人格を形成する上で、社会人になる上で非常に重要なことを自然と学ぶことができます。

 

  人生で大事なことが、幼少期に身につきます。

 

 

◆ジュニアリーダー


目的

とよこれん及び所属する子ども会の活動援助・会員の指導に当たるとともに、地域社会の活動にボランティアとして参画し、合わせて、会員相互が研究をを重ね、人格を高めるとともに友情連帯を深め、クラブの発展と子ども会活動の推進に寄付することを目的とする。

ジュニアリーダー:中学生・高校生   シニアリーダー大学生以上

 

主な活動

お楽しみ会の進行、遠足の引率、キャンプの手伝い等、各単位子ども会へ年間80件程度お手伝いに行っています!

派遣依頼をしてください。

◆年少リーダー


目的

小学4~6年生で構成され、定例会やとよこれん行事の手伝いを通して、地域子ども会の指導者としての知識を習得し、
子ども会の活性化を図り、また、将来ジュニアリーダーとして活躍できる人材の育成を目的とする。

主な活動

定例会(月2回、ゲーム研修等)

研修キャンプ

研修旅行 等

ゲーム研修や子ども回大会の進行、研修キャンプに研修旅行と色々な体験ができて楽しいです。

 

 4〜6年生のみんな、一緒に活動しよう!


 

◆派遣依頼方法について

▶︎  依頼用紙のダウンロードはこちら

▶︎ 参考記入例(PDF)はこちら

ページ上部へ戻る